FC2ブログ
よごれっちまったかなしみに(?) 
例えば幼少時から慣れ親しんできた作品や、純粋に好きだった作品に対して二次創作的な魅力を感じてしまうと「ああ、私って変わったなあ、つくづくオタクになってるなあ」と思うわけです。

とはいえ昔1冊だけ見つけたアシモフのロボットシリーズ本は今でも宝物だし、指輪物語がロードオブザリングとして映画化されたときにはギャグ本をいっぱい買ってホクホクしたものですが、それがカップリングものになったり年齢制限アリの域まで達してしまうと戸惑いが生まれますね。このあたりが私の中での区切りのラインっぽい。

要するに、まあ。その、なんだ。

…ギルガメッシュ×ファリスっていいよね…(^^;)


「チョコボの不思議なダンジョン・時忘れの迷宮」サントラでのビッグブリッヂアレンジを聞いていたら、ギルガメッシュの例のセリフは改めて考えてみたら凄く妄想の余地があるぞと気付いてしまった次第です。やっべえ!リアルタイムプレイ時には攻略本片手に源氏シリーズ盗むことしか考えてなかったのに(笑)!
にしても彼(と言っていいのか、魔物だけど)の腕の数って2本なのか4本なのか6本なのか8本なのか。


すいませんでした。原稿に戻ります。