FC2ブログ
月刊茶柱プロジェクト+らっきょ感想 
■夏の新刊の感想をさっそくいただいています。ありがとうございます!
今は冬コミの申し込みをしているのですが、「77回の予定」欄を記入していてはたと気付きました。
…なんで私これから毎月新刊出すことになってんの…?(^^;)
取り扱いジャンルが増えるってこういうことか。あああ。
11月のコミティアにも申し込もうと思っていたのだけれど、これは無理かな、とちょっと弱気になっています。冬コミの締切が近すぎるのと、まほよが出ているはず…(^^;)。
あ、今週末のコミティア用の原稿は進めてますよん♪コピーだけどね。

■以下は土曜日に観て来たらっきょ7章の感想。ネタバレなのでご注意です!
・草むらのシーンすんごい。
・エッチするのかと思ったシーンが一箇所(^^;)。だって誘って電気消えて月が映ったらさあ!いや、ありえないんですが(笑)
・式の独白シーンや幹也の名セリフ場面ですすり泣きが周り中から聞こえてくる中、私はひたすら「美しいー」としか思わなかったのですが(嘘です。「これからコミケに行くんだから!」と頑張ってました 笑)、幹也がはいずって式に近寄るシーンで恐ろしくうるっときました。
・里緒先輩が輝きまくっていました。保志さんの演技も素晴らしく大満足。ほっしーすごい!拍手喝采さしあげたい! しかし「ボクを助けてくれ、黒桐」カットは残念だった、かも。
・音楽のクオリティが素晴らしい。この作品は音楽にかなり助けられていたと思います。
・竹林おいかけっこシーンでの式の走り方がめちゃめちゃ可愛い。「ころさなくちゃ!」の両手ぶんぶんも可愛い(笑)。
・「空の境界」がなかったのは残念。でも映像化するということで、楽しみです。

…公開前は「評判が良かったら5・6・7章あたりをレンタルで観てみるかー」程度にしか思っていなかったのですが、フタを開けてみれば足掛け2年、全てスクリーンで鑑賞してしまいました(笑)。
今後は「ボーナストラック」を楽しみに待とうと思いますが、とりあえずの一区切りということで。

楽しかったです!ありがとう。