FC2ブログ
187話/2+3合併号 
チャンピオン本誌の弱ペダ感想メモです。
フライングしていることもありますので、閲覧くださる際はタイトルを充分ご確認お願い致します。




田所っちの覚悟を決めた表情がとても素敵。
私は総北3年の「落ちていく」順番は、田所っち→金城さん→巻ちゃん、だと思っていたので、田所っちと金城さんが一緒に落ちそうな展開には一気に緊張感が出て「おおっ」と思いました。金城さんか巻ちゃんで総合を獲るつもりだったのかー。巻ちゃんひとりになっちゃったら負担が大きそうです。
そして少々メタな考え方になりますが、巻ちゃんはいつ坂道(1年)の道を拓くのだろう、とも考えました。トラブルでのリタイアを予想させる金城さんの描写を見ていると、役目を果たし、やりきって悔いなく退場できた荒北さんと泉田くんは幸せだと思います。信じて託せる相手がいるっていいなあ。

しかし回想内の金城さんにはびっくり。可愛いよ!1年の秋にはまだ角刈り(でいいんですよね)ってことは、いつ坊主にしたんだろう。初優勝に大喜びする田所っちも132位の巻ちゃんもたまらないです…最上級生として堂々としているみんなの、ぴよぴよと初々しい姿は総北も箱学もたまらない。
巻ちゃんはまだこの頃は東堂さんには会ってないんだなー。もう半年もしたら最高のライバルに出会えるからもう少し待ってね!と思ってしまいました(笑)。

京伏も気になっています。